あたみ石亭

 


風光明媚な人気の観光地。
熱海って、最近、見直されてきているんですね。

そんな熱海に老舗の温泉宿が、リニューアル。
いいんですね。
老舗のお宿のリニューアルって。

これまで歩んできた歴史は、残しつつ、新しく生まれ変わる。
期待に胸が膨らみます。
あたみ石亭さん


あたみ石亭さんは、まず、門構えや外観が、すばらしい。
ロビーも重厚感があって、とても落ち着きます。

座った瞬間に、もう旅に来たんだって、ふっと力が抜けます。


面白いのは、入ったら、すぐその先が、庭園になっているんですね。
この庭園が、すばらしい。

ここもまた重厚感漂う空間。
植えられている木々は、もう、何十年もそこで、旅人を見つめてきたっていう風情。
そして、なんといっても、石畳が、すばらしい。
全国各地の名石を、こだわって集めて敷き詰めてあるんだそうです。
「あたみ石亭」の意味が、ここに。


あたみ石亭さんは、敷地面積が約3千坪。
その中に、数寄屋造りの離れが点在する形になっているんだそうです。
泊まる離れまでの小路も、石畳になっているので、風情たっぷりで、とても楽しめます。


離れは、全部が違う造りになっているそうで、それぞれに趣向が凝らされているんだそう。
とにかく離れにしつらえられたそれぞれの庭園が、見事なので、見惚れてしまいます。
それこそ、広縁に座りながら、何時間でも眺めていられそうな、すばらしいお庭です。


あたみ石亭さんの温泉は、肌あたりがとてもやわらかいので、長く浸かっていたいって思わせるような、とてもやさしいお湯です。
今回のリニューアルで、女性のお風呂には、翡翠でできた石を2つ作ったんだそうです。
翡翠というと、成功と繁栄を象徴する石ということで、子宝にも恵まれそうですね。

こちらには、貸切風呂や、スパトリートメントもあるので、ゆっくりとくつろげます。


あたみ石亭さんに来たら、「雲珠」っていうプレミアムダイニングで、お食事を。
ここは、とても趣きがあるんですね。
リニューアルする前は、宴会場だったんだそうです。

でも、今は、とても落ち着いた大人の空間に。
このような空間で、食事を楽しみながら、ゆったりとお酒を飲むって、
最高の贅沢ではないでしょうか。

こちら⇒あたみ石亭

ふるさと納税
 

© 2016 あたみ石亭 rss