キユーピーの「ヒアルロン酸&グルコサミン[コンドロイチン配合]」は
はつらつと毎日を過ごしたいあなたの味方です。

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症の原因には、加齢、筋力の低下、O脚、肥満とあるんだそうです。

加齢は、長い年月歩いてきて、そのために軟骨のクッションがすり減ってしまうこと。
また、年齢の経過とともに、軟骨の質が劣化してしまうことが原因なんだそうです。

筋力の低下は、筋肉は、関節を動かすものというイメージが強いですが、
実は衝撃を吸収してくれる役目も果たしてくれているんだそうです。

そのため、筋力が低下するということは、ひざにかかる衝撃を強く受けてしまうことになるんだそうです。

O脚は、重心が内側にばかりかかってしまうことで、
軟骨が、片減りを起こしてしまって、部分的に、すり減ってしまうことなんだそうです。

肥満には、体重からくるものと、内臓脂肪からくるものと、2つの要因が重なるんだそうです。

一つ目は、体重。
人間は、歩くだけで、体重の2倍~3倍の負荷がかかっているんだそうです。
それが、階段の上り下りになると、3倍~4倍。
ジャンプをすると、なんと7倍もの負荷がかかっているんだそうです。

そのため、ほんの数kg体重が増えただけでも、その負荷が、何倍にもなって、ひざにかかってしまうことになってしまうんだそうです。

さらに、もう一つの肥満からくる原因としては、脂肪から、炎症を誘発するような物質が産生されているんだそうです。
「アディポカイン」という物質で、これが、産生されるのは、特に、内臓脂肪からなんだそうです。
これが、産生されることで、関節部分で炎症が起こりやすくなるんだそうです。

これらの原因が、輻輳的に重なって、変形性膝関節症の原因になっているんだそうです。

変形性膝関節症 手術

変形性膝関節症になってしまって、あまりにひどい症状になってしまった場合には、手術という選択肢を選ぶことに。

変形性膝関節症の手術には、「骨切り」「人口関節全置換術」「単顆型人口関節置換術」などがあるんだそうです。

それぞれに、条件などがあり、また変形性膝関節症の手術が終了したあとには、当然リハビリや、制限などがあるので、
主治医によく相談をすることが、大切なんだそうです。

※一度手術をしてしまうと、元に戻すことはできないので、その辺は慎重にすべきなんだそうです。

※※変形性膝関節症の手術をした後は、関節症に注意が必要なんだそうです。
たとえば、虫歯などで、体のほかの部位で、炎症が起こってしまった場合には、その菌が血液の流れに乗って、変形性膝関節症の手術をした部位にたどり着いて、そこで繁殖してしまって、炎症を起こしてしまうことが、起こりやすいんだそうです。
これは、術後すぐだけではなく、何年経過していても、注意が必要なことなんだそうです。

変形性膝関節症 筋トレ

変形性膝関節症の予防や、リハビリなどのためには、筋トレはとても大切なことなんだそうです。

これは、変形性膝関節症の症状が、軽症であろうと、重症であろうと、変わらず大切なことなんだそうです。

筋肉を維持、強化することは、ひざへの負担が、筋力によって軽くなるっていうことがあるので、
たとえ、少し痛みがあったとしても、ある程度は、我慢をしながらでも、運動は、行ったほうが、変形性膝関節症のためには、いいんだそうです。

変形性膝関節症で、痛いから、運動をしないっていうことは、そのために、よけいに歩かない、動かないっていうことになってしまい、
そのために、ますます筋力が落ちてしまって、最後には、寝たきりになってしまうという悪循環になってしまうことに、なりがちなんだそうです。
そうならないためにも、筋トレや運動は、とても大切なんだそうです。

変形性膝関節症の筋トレには・・・

・ウォーキングが、おすすめ。
しかし、ウォーキング自体も、痛みが伴って、苦痛だっていうときには、
水中でのウォーキングが、いいんだそうです。
体重から来る負荷が、水中だと軽くなるからなんだそうです。

・自転車こぎもいいんだそうです。
特に、固定式の自転車が、負荷の調節などができるので、おすすめなんだそうです。

体の内側からのケアなら、こちら⇒生み出すチカラの【タマゴサミン】
 

固定式の自転車なら、こちら⇒アップライトバイク(電動負荷式) DK-8920送料無料 エアロバイク フィット...
 

ひざの保護や痛みの防止なら、こちら⇒【 膝サポーター 】 膝の名医 戸田佳孝先生の考案 かるがる膝ベルト2枚 【 ひ...

ふるさと納税
 

 


タマゴサミン

 

 


特許商品!“オススメ”の天然型グルコサミンはこちら



久光製薬<MSM+グルコサミン> 50代・60代から絶大支持!今なら初回半額!

© 2016 変形性膝関節症 rss