松葉ガニとは

松葉ガニとは、鳥取県で獲れたズワイガニで、その中でも、厳しい条件をクリアしたモノだけが、「松葉ガニ」と呼べるんだそうです。

鳥取県としては、ブランド食材として、他のズワイガニと区別するために、タグがつけられているんだそうです。

因州和紙で、特別に作られたタグが、付けられていることで、

「どの船からとか、どの港から」水揚げされたカニなのかっていうことが、わかるようになっているんだそうです。

それだけ厳しく管理されているから、ブランド食材としての価値が、保たれているんですね。

その基準には、いろいろとあり、「甲羅の幅が、11cm以上」「カニビルの卵の数」「胴体の色」「つめの大きさ」「甲羅の固さ」など、それぞれが厳格に守られているんだそうです。

また、その漁ができる期間も、厳格に定められているので、そういった意味でも、希少性があるんですね。

ちなみに、例年11月6日から、翌年の3月30日までなんだそうです。

また、五輝星という最高級のブランドもあるんだそうです。

こちらの条件は、さらに厳しく、甲羅の幅が13.5cm以上、重さが1.2kg以上、脚のそろい方、色、見入りが、すべてそろっていないといけないんだそうです。

値段も、10万円ぐらいからっていうことで、一度、その一部だけでも、食べてみたいものですね。

松葉ガニ 旅館

 


​松葉ガニを食べるのなら、できれば、水揚げされた漁港の近くの旅館などに行って、

そこで、腕利きの料理長さんが、腕によりを掛けて、調理してもらったのを、

食べるのが、たぶん、一番おいしいはずです。

こちら⇒松葉ガニ 旅館 評価の高い順

こちら⇒松葉ガニ 旅館 楽天トラベル

 

ふるさと納税

ズワイガニなら、ふるさと納税で、返礼品として、いただくこともできます。

こちら⇒ズワイガニ ふるさと納税

 

 

 

© 2017 松葉ガニ rss